人気ブログランキング |
山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
タグ:千葉県 ( 6 ) タグの人気記事
|
|
2017年 01月 27日 |
c0348297_10225683.jpg

つい先週登ったばかりの千葉のマッターホルンこと伊予ヶ岳(標高336m)
お隣の富山(標高350m)と共に登って富士山も霞みながら見えたが、実は頂上に達していない。
そんなモヤモヤを抱えながら2017年をスタートさせてはいけない、と発起★

同じ電車、同じバス、同じルートで2週連続の伊予ヶ岳登山に挑むっ!
今回は単独登山。伊予ヶ岳からJR内房線岩井駅までの長い道のりを歩くのはうんざり。
そこで乗ったバスの折り返しに間に合うように下山する方向で…



■ 【房総】伊予ヶ岳完全制覇タイムアタック! 続きを読む…
2017年 01月 14日 |
c0348297_11481953.jpg

~~ 【房総】千葉のマッターホルンへカメラ散歩(前編) ~~

千葉のマッターホルン“伊予ヶ岳”を制覇し、次に登った山は富山(とみさん)
この山は、江戸時代の戯作者曲亭馬琴(滝沢馬琴)の代表作・南総里見八犬伝に所縁がある。
話自体は架空のものだが伏姫の龍穴などがあり、立派な山門が建築されている。

登山自体は伊予ヶ岳方向から登ると容易だが、JR岩井駅方向から登ると長い階段だ。
伊予ヶ岳を下りてきた私たちは、房総名峰三山のひとつ『富山』へ向かう。



■ 【房総】千葉のマッターホルンへカメラ散歩(後編) 続きを読む…
2017年 01月 13日 |
c0348297_13560156.jpg

最高峰の標高が47都道府県で一番低い千葉県。
そんな話を乾坤山(鋸山)の記事で紹介しましたが、今回は千葉県の山を登ります。
千葉の山は、今までに梅ヶ瀬渓谷乾坤山(鋸山)大福山(梅ヶ瀬渓谷)と紹介しました。
今回はそんな千葉県にある“千葉のマッターホルン”と呼ばれる伊予ヶ岳に挑戦★

どんな険しい山なんだ!標高は…3366m。間違えました、336.6m。
カメラ散歩と題して職場の先輩2人を連れて行きましたが、1名は険しさゆえ登頂断念。
どんな山なのかを紹介したいと思います。



■ 【房総】千葉のマッターホルンへカメラ散歩(前編) 続きを読む…
2016年 08月 24日 |
c0348297_13052214.jpg

大福山(標高292m)の記事でも紹介しましたが、千葉県は47都道府県の中で一番最高峰が低い県。
最高峰は愛宕山(千葉県南房総市)で標高は408m。東京スカイツリーよりもはるかに低い。
しかも航空自衛隊の基地内なので気軽に登山…という訳にもいかないのだ。
登山趣味の人間にとっては、逆に都会なイメージな東京都よりも魅力が無い県と言っても良い。
※東京都には標高2000mを越える雲取山をはじめ、奥多摩エリアに山が非常に多い。

そんな千葉県にも観光名所と言いますか、人気の山はあります。
鋸山と言えば思い出してもらえるでしょうか?正確には“乾坤山(けんこんざん)という山。
標高は329mと低いですが、地獄のぞきなど有名なスポットがあり人気がある。
ま、ロープウェイを使ってしまえば簡単に観光スポットは巡れますが…山頂は登山ですよ☆



■ 【房総】千葉で一番有名な鋸山で歴史を感じる(前編) 続きを読む…
2016年 01月 06日 |
c0348297_23002089.jpg

千葉県の房総半島の内陸部に位置する養老渓谷梅ヶ瀬渓谷
数年前にも梅ヶ瀬渓谷を訪れており、最深部・旧日高邸跡のカエデの大木に心を奪われた。
今回は計画的な訪問という事で、梅ヶ瀬渓谷近くにある大福山という山の山頂を訪れてみた。

千葉県は47都道府県の中で最高峰が一番低い都道府県。
千葉県最高峰は愛宕山。千葉県南房総市にあり、嶺岡愛宕山と呼ばれる標高408mの山。
航空自衛隊の敷地内なので気軽に立入は出来ないが、伊予ヶ岳などから望むことが出来る。

最高峰でも408m。この大福山の標高は実に292mと相当低い。
東京スカイツリーの第1展望台でも標高340mなので…その低さは圧倒的なものがある。
その分、初心者の方でも気軽に訪れることが出来るので、新緑・紅葉のシーズンにどうだろうか?



【房総】 師走の理想郷・梅ヶ瀬渓谷を歩く 続きを読む…
2014年 11月 26日 |
c0348297_22344327.jpg

面積の広い千葉県市原市の南部は房総半島の深く内陸部にまで達します。
そこには千葉県有数の観光地である養老渓谷があり、ハイキングはもちろん養老渓谷温泉も人気。
高速道路が通っておらず、交通アクセスには良い雰囲気のローカル鉄道・小湊鉄道線の利用も良いだろう。

そんな養老渓谷エリアにある居酒屋・養老乃瀧…ではなく、養老の滝に初めて来た。
正式名称は“高滝”、地名や河川名から“粟又の滝”“養老の滝”と呼ばれる落差30mのナメ滝だ。
房総半島は温暖な気候から、紅葉シーズンも11月下旬から12月上旬と関東地方で最も遅い。
ハイキングコースとしても有名な養老渓谷エリアの紹介をしてみたいと思う。



【房総】 関東で一番遅い紅葉を求めて養老渓谷 (続きを読む)
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon