山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【奥秩父】 笹子峠を自分の足で越える登山
2017年 05月 10日 |
c0348297_22190569.jpg

笹子峠と言えば甲州街道では有名な“交通の難所”である。
山を貫く中央自動車道笹子トンネルは、トンネル崩落で悪い意味で有名になる。
JR中央本線笹子駅は、滝子山・清八山・本社ヶ丸の登山で利用。
登山を目的にJR中央本線で笹子トンネルを抜けるのは、入笠山以外では初。

今回の山も山梨県大月市の秀麗富嶽十二景に選定されている山。
もちろん、富士山が山頂から見えるわけですが、季節は残暑が厳しい9月。
後輩と共に笹子峠を自分たちの足で越えますよ★





c0348297_22190621.jpg

初めて降りた無人駅・JR中央本線甲斐大和駅(山梨県甲州市大和町初鹿野)
早朝の電車を乗り継いで後輩と降り立ったが、この駅から隣の笹子駅まで歩くことになる。
甲州高尾山の記事で紹介したが、この駅は改称前は“初鹿野駅”という名前だった。
大和町になって“甲斐大和駅”になったが、また合併で自治体の名前が変わってしまった。

暑がりの男2人が残暑の登山に挑戦。
まずは東に向かって歩き、景徳院という寺院から登山がスタートする。
地味な登山なので写真が無い。なので記事にするのも遅くなりました…

c0348297_22190676.jpg

分かりやすい画ですね、真ん中に笹子峠を貫くトンネルが確認できますが…
私たちは今からこの山を越えていこうと言う訳です。
正確にはお坊山(標高1421m)米沢山(標高1357m)笹子雁ヶ腹摺山(標高1358m)
3つの山をS字の形を描いて進んでいきます。

ちなみに笹子峠には、3つのトンネルが貫通しています。
国道20号線(甲州街道・新笹子隧道)・中央自動車道・JR中央本線(笹子トンネル)。
本来の峠道は、山梨県道212号線日影笹子線に降格。

c0348297_22190571.jpg

特に面白味の無い道を登ってきたら、大鹿峠(標高1105m)に到着。
大鹿山・大谷ヶ丸方面と笹子雁ヶ腹摺山方面の分岐となっている。
通過点なので特に休憩を取ることなく先に進んでいったが…異変に気付く。

後輩の登るスピードが速い。私の方が登り慣れている筈なのに。
聞いてみると「健康診断で注意され減量した」と。私はシーズン初めで増量。
+3キロの私と-3キロの後輩、体重6キロも変われば無理もないわ。

痩せよ…

c0348297_11323152.jpg

今回の最高地点となりますお坊山(標高1421m)に到達。
見ての通り眺望は無く、本当に通過点のひとつでしかありませんでした…
やはり暑いので体力は奪われますし…この先の米沢山もそうですがスズメバチが。

ちなみに登山者と出会ったのは、米沢山山頂のみ。
本当に登山道としては整備されていますが、登山者は少ない山であります。

c0348297_11323031.jpg

視界が開けたので眺めてみますが、富士山が霞んではいますが辛うじて見えます。
米沢山(標高1357m)を午前11時45分に通過、まもなく笹子雁ヶ腹摺山ですね★

所要時間は、甲斐大和駅→景徳院(約40分)、景徳院→大鹿峠(約80分)。
大鹿峠お坊山(昼休憩込で約90分)、お坊山米沢山(約30分)となっています。

c0348297_11410564.jpg

米沢山から小休憩を含めて約90分、笹子雁ヶ腹摺山(標高1358m)に到着。
「ササゴガンガハラスリヤマ」という名前は、その名前の通り…
雁(ガン)がこの地域を腹を摺るように飛んで行く様から名づけられました。

笹子雁ヶ腹摺山の他に、雁ヶ腹摺山牛奥ノ雁ヶ腹摺山と至近に3つの山がある。
雁ヶ腹摺山は同じく山梨県大月市に所在し、小金沢連峰支脈にある山で標高1874m。
真木小金沢林道の大峠から登山、旧五百円紙幣裏の富士山は山頂から撮られたものである。
牛奥ノ雁ヶ腹摺山は、標高1990m。雁ヶ腹摺山よりもさらに山深い位置にある。
一般的に大菩薩嶺と同じく上日川峠から登山する。

c0348297_22190569.jpg

富士山と言えば、雪を被った姿が似合いますが…
ここまでガスってしまうと、シルエットだけで関係ないですね。
9月の残暑の厳しい季節。最近では残暑でなくまだまだ本暑な気がします。

下山の道もさほど面白いものは無かったので…
写真は非常に少ないです。

c0348297_11111000.jpg

山頂もさほど広くないため、早々に下山を開始いたしました。
山頂直下にある人工構造物。電波反射板で昔は電波の中継の役割を果たしていたとか。
今は朽ちていてとても反射できるような状態ではありません。

下山道も面白いものではなく…甲斐大和駅方面から登ってきて良かった。
甲州街道に下りるまで無言の時間が多かった気がします…

c0348297_11111156.jpg

甲州街道に下りる所で工事が実施されており、迂回の足場がありました。
“注意 この付近にクマ出没注意必要”。このクマという文字にはいつもビビります。
山に登る以上、熊の生息地に入って行くので当然なのですが…
山中で遭ってしまえば、私たちは完全にアウェー状態なので勝ち目がありません。

無事に下山できた喜びを噛みしめながら、甲州街道をJR中央本線笹子駅方面へ。
途中で通過する甲州街道の宿場町・黒野田宿は少し雰囲気がある。
笹子峠を越える前の宿場町で本陣1軒・脇本陣1軒・旅籠14軒があった。

c0348297_11111201.jpg

JR中央本線笹子駅に無事到着。乾杯は健康的に清涼飲料水としよう。
途中、高尾駅乗り換えで都心方面へ帰宅。
制覇は目指していないが、山梨県大月市の秀麗富嶽十二景のひとつをクリア。
この先登りたい山をいくつかチョイスしておこう。
大蔵高丸(1781m)小金沢山(2014m)牛奥ノ雁ヶ腹摺山(1995m)

撮影機材:SONY α6000 / E18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成27年09月(お坊山 標高1421m) 温泉:真木温泉ほか


[PR]
by meguro2014 | 2017-05-10 23:16 | 奥秩父 |
<< 【近畿】 ロッククライミングの... ページトップ 【奥秩父】 ケーブルカーも売店... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon