山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【奥秩父】 ケーブルカーも売店もない高尾山
2017年 05月 10日 |
c0348297_00055202.jpg

~~ 【奥秩父】山火事に見舞われた棚横手山の姿 ~~

都内はすっかり桜も散って、新年度もスタートしてしばらく経ちました。
忙しかった4月初旬も過ぎて職場の先輩とお約束していた登山。
富士山の展望に恵まれた棚横手山(標高1306m)と話のネタにはモッテコイの甲州高尾山

甲州高尾山(深沢山)の標高は1106m。隣には標高1092mの甲州高尾山(嶮ヶ峰・宮宕山)
東京都八王子市の高尾山(標高599m)の約2倍の標高がある高尾山。
ミシュランガイド掲載の山よりもはるかに人が少なくて落ち着いた山歩きが可能。
しかも…帰りにはお楽しみも待っていますよ★





c0348297_00235496.jpg

最大で東京ドーム約80個分の面積を焼失した峡東地区の山林。
主に棚横手山周辺の山がメインであるが、甲州高尾山方面に向かう道も痛々しい。
黒焦げになった木の根元に咲くタンポポの黄色が心を明るくさせる。
早く山林本来の山肌に戻ってもらいたいが、まだまだ時間がかかるだろう。

富士見台を巻いて歩いて行くとまもなく本来の登山道に戻る。
小さなアップダウンをしばらく繰り返すと左隣には林道の姿も見える。
そして早速ではあるが、甲州高尾山の山頂に到達する。

c0348297_00284494.jpg

小さな山頂広場を有する甲州高尾山(標高1106m)に到着する。
10人もいればゆっくり休めないような山頂広場も平日登山は私たちのほか1組。
この地でゆっくりとランチ休憩を取ることとする。

ちなみに甲州高尾山山頂からは富士山の頭しか見えない。
棚横手山より標高を200m下げてしまったので仕方ないが、眺望にも恵まれない。
本当に「高尾山登って来たよ!山梨のねっ★」っていう話のネタにしかならない。

c0348297_00284311.jpg

久々に利用するガスコンロ。背中に背負った重い水をここで軽くしようではないか。
複数人いると仲間のお湯を分けてもらい、簡単な登山だとおにぎりで済ませてしまう。
買ったはいいものの、あまり使う機会は多くは無い。
記憶にある限りだと…前回使ったのは、ヤビツ峠から登った大山

山火事の話があっただけに火の取り扱いには十分に注意しましょう。
JR中央本線大月駅前のコンビニで調達したカップ麺とおにぎりを喰らい休憩。

c0348297_00384373.jpg

甲州高尾山の話は下山がメインになります。こちらは嶮ヶ峰(標高1091m)
少し下ったところにあり、この山は地図などには“宮宕山”と表記されている場合もある。
下山に際しては、登山口として使用した大瀧不動尊へ戻る手もあるが、駅へ向かうのが面倒。
そこで長い道のりにはなるが、柏尾山を経由して大善寺へ下山することとする。

山火事エリアを抜けたが、まだまだ新緑の季節は程遠く…茶色の世界が広がる。
道もあまり広くないため松ぼっくりを投げて遊んだりしながら下山する。
春になり暖かくなってきており、気温は27℃。下山中に蝶は何種類か見かけた。

c0348297_00482996.jpg

左は甲州高尾山山頂付近で見かけたヒオドシチョウ(緋縅蝶)
分類が難しいが大きく分けるとタテハチョウの仲間に属する蝶である。
右は柏尾山付近で見かけたルリタテハ(瑠璃立羽)
こちらもタテハチョウの仲間で幼虫はグロテスクな棘を持った姿だ。

どちらも登山をしなくても平地で見ることが出来る蝶ではあるが…
日常的に蝶を観察したり撮影したり、そもそも気に留めることはあまりないだろう。

c0348297_00384361.jpg

木々の間から甲府盆地が見えてきた。標高はだいぶ下がっている。
下に見える桜並木は、JR中央本線の線路と最寄駅である勝沼ぶどう郷駅周辺。
見ごろが過ぎた桜ではあるが、まだ遠くから見ると美しい。
奥に広がる盆地には桃の花が確認でき、駅のすぐ奥には勝沼ぶどうの丘

下山後はタクシーを利用して、この勝沼ぶどうの丘を目指すことにしている。
既にピークを過ぎ下山するだけに私たちは…大善寺にいち早く着きたい気持ちでいっぱい。

c0348297_00055202.jpg

長いジグザグ道で標高を一気に下げて、害獣避けの電気柵を抜けるとまもなくゴール。
お寺に下山するかと思いきや、こちらは五所大神社という神社。
境内の桜は非常に美しく思わぬ桜観賞の時間となった。
ちなみに隣に大善寺があり、こちらの駐車場からタクシーに乗車。

前述の通り、勝沼ぶどうの丘を目指して運転手さんに走ってもらう。
勝沼ぶどうの丘は、乾徳山登山の後に入浴および思蓮ほうとうを食べに訪れた。

c0348297_01162585.jpg

勝沼ぶどうの丘に到着し、「天空の湯」で天然温泉に入浴。
甲府盆地を見渡す露天風呂が魅力であるが、施設自体は決して大きくないので混雑時注意。
ワインも飲める食事処・休憩処が併設されているのが嬉しい。

今回は隣接する“地下ワインカーヴ”が目的でもあります。
お土産・ワイン販売施設の地下に設置されているワイン試飲施設(有料)。

c0348297_01162626.jpg

地下ワインカーヴでは、山梨県甲州市推奨の約200銘柄のワインが試飲可能。
白・赤・ロゼと種類に分かれて…そのすべてを試飲することが可能。
レジにて試飲専用容器“タートヴァン”を購入し、それを利用して飲みまくり…ます。

吐き壺もあるので、口に含んで味を確かめたら吐き出すのが試飲らしいが…
もったいないので色々飲んでみましょう★お気に入りも見つけましたよ★★★

c0348297_10071780.jpg

登山の後の飲酒は吸収が非常によろしいようで…路線バスを待ちます。
時間になっても来ないので、写真奥の桜が並んだ勝沼ぶどう郷駅まで歩こうと思う。
路線バスの本数は1時間に1便前後だったと記憶しています。
JR中央本線勝沼ぶどう郷駅まで歩いても30分とかからないですよ!

JR中央本線の起点・東京駅から111キロに位置する勝沼ぶどう郷駅
大正2年に設置された信号場が駅に昇格し、勝沼駅が山梨県東山梨郡菱山町に開設。
当時はスイッチバック駅であり、昭和43年の複線化の際に今の形となった。

c0348297_10071985.jpg

旧勝沼駅は現勝沼ぶどう郷駅の横にホームが残っており、憩いの場として利用。
旧ホームの駅名標には、隣の駅“甲斐大和駅”が改称前の“初鹿野駅”となっている。
駅近くには鉄道遺産記念公園トンネルワインカーヴ大日影トンネル遊歩道などの見所が。
時間がある方は寄ってみてはいかがでしょうか♪

撮影機材:SONY α6000 / E18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成29年04月(棚横手山 標高1306m) / 温泉:勝沼ぶどうの丘 天空の湯ほか


[PR]
by meguro2014 | 2017-05-10 00:11 | 奥秩父 |
<< 【奥秩父】 笹子峠を自分の足で... ページトップ 【奥秩父】 山火事に見舞われた... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon