山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【三浦】 ゆったりと紅葉の鎌倉アルプス
2017年 01月 06日 |

c0348297_00142801.jpg

関東屈指の観光地としても有名な鎌倉
紅葉の時期ともなれば、ただでさえ混雑する観光地に人が押し寄せる。
そんな鎌倉は言わずと知れた幕府の設置された地。自然の要塞が幕府を守る。
起伏に富んだ地だが、そこにはいくつかのハイキングコースが形成されている。

今回は、建長寺大平山鎌倉天園鶴岡八幡宮をめぐるゴールデンコースを紹介。
近場の登山。低い標高。恵まれている交通アクセス。
そんな利点を活かしてJR横須賀線を挟んで反対側の源氏山にも訪れてみよう。





c0348297_00185865.jpg

平日の朝ラッシュに揉まれるか、休日の混んだハイキングコースでぐったりするか…
平日でも人が多い鎌倉。どちらにせよ苦痛なことに変わりはないが、それは東京圏から近いゆえ。
朝ラッシュを避けたつもりがガッツリ捕まり、JR横須賀線鎌倉駅着。
朝早く出た分、朝食は駅前のファストフード店でゆっくり食べましょう★★★

今回は駅の反対側に位置する源氏山を訪れてから、切通しを通って建長寺へ向かう。
そして天園ハイキングコースを歩いて大平山鎌倉天園を経由し、鎌倉宮近くに下山するルート。
見どころは鎌倉イチ美しいと言われている“獅子舞の谷”を経由する下山だ。

c0348297_00250909.jpg

源氏山公園へは銭洗弁財天経由も可能だが、趣きのある寺院を経由するのも良い。
JR横須賀線の線路近くにある寿福寺。創立者はかの有名な尼将軍・北条政子である。
この境内を抜けて登っていくと源氏山公園方面の分岐があり、墓地の横で標高を上げていく。

細いが安定した登山道が続き、紅葉などは無く日陰で寒いみちでもあった。
歩き始めて程無くして源氏山公園に到着する。
こちらは人が植えたカエデがあり、美しいがタイワンリスの姿を見た!

c0348297_11073294.jpg

源氏山公園で何匹か見たタイワンリスの撮影に成功した。
撮影していて気付いたが、今日のカメラの組み合わせは手振れ補整機構が一切付いていない!
SONY α6000LA-EA4SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC HSM for SONY Amount
どうしてこの組み合わせにしてしまったのか、偶然なのですが手にしたのがそれ。

タイワンリスは外来生物法による特定外来種に指定されていることから、飼育等が規制されている。
動物はタイワンリスと周りで鳴いている野鳥ぐらいだろうか。
神奈川県鎌倉市も住宅地として発展していることから、野生動物の種類は多くない。

c0348297_11073205.jpg

公園として整備されているため、紅葉は美しい場所である。
同時に銀杏の樹も多いため、オレンジと黄色のコントラストが非常に美しかった。
同時に観光者やハイキング客にはありがたい新しめの公衆トイレも設置されている。
休憩に、観光に、ぜひ立ち寄りたい場所である。

さて、私たちは住宅街に下りる細い階段を使って移動を開始する。
JR横須賀線(JR湘南新宿ライン)の効果を横切ると建長寺方面に出る亀ヶ谷坂切通に出る。
写真も撮ったが、さほど美しくなかったので省略する…

c0348297_11344339.jpg

建長寺に出て参拝料を支払い、境内の中を通って建長寺の鎮守である半僧坊大権現へ。
平日とは言え非常に人は多く、中高年のハイキングツアーの団体がワラワラと列を成していた。
登りきると見晴らし台があり、建長寺の境内全体を眼下にする。

また今回のハイキングで一番の富士山の見どころでもあり、期待が持てますが…
御覧のように相模湾方面を眺めても富士山は頭しか見えませんでした。
上の写真でわかるでしょうか、富士山は大きく見えることは理解できますが隠れる。

c0348297_11364423.jpg

半僧坊大権現から建長寺を出て天園ハイキングコースに入る。
雨の翌日でコースは非常にぬかるんでいるが、多少のアップダウンで軽い負荷。
住宅街を避けるような森林のハイキングコースは、やがて開けて山の山頂にたどり着く。

標高159mの大平山、神奈川県鎌倉市の最高地点に到着。
大平山まで来るとまもなく鎌倉天園六国峠に着くので神奈川県横浜市の最高地点もGET。
山頂付近から富士山も眺められますが、道路と建築物も迫っており…
車でも来れるガッカリな山だったりもします。

c0348297_11421654.jpg

鎌倉天園六国峠に出ると過去に天園峠の茶屋があった場所に出る。
むしろ私が手にしている登山本には、現在もチェックポイントとして掲載されている。
廃業して取り壊されたのは割りと最近らしく、ネットの情報だと平成28年5月。

休憩ポイントを失なったかと思いきや、その場所の直下付近に天園休憩所があった。
漬物付き甘酒(¥400)を注文すると、甘酒に大山豆腐の田楽味噌和えがついてきたのだ。
神奈川の味をいただきます…大山豆腐。大山から下山の参道にあったなぁ。

c0348297_00142801.jpg

少し長めの休憩から下山を開始すると多くのハイキング客が登ってきていた。
どなたもヨロヨロな高齢ハイカーなのですが、普段着の人も混じっている…おそろしい。
おまけに前述のように泥濘の登山道。何人も転倒して泥まみれになっている。
怪我しても知らないぞ、怪我で済めばいいが。
道端のか細い木々に全体重を乗っけて登っているけど、危険極まりない。

さて、そこを下ると間もなく獅子舞の谷、鎌倉一紅葉が綺麗な場所として有名。
写真は冒頭の物と一緒ですが、本当に足元の泥濘以外は非常に美しい光景が広がっている。

c0348297_13560262.jpg

下山すると鎌倉の史跡・永福寺跡周辺に出てきて、しばし街歩きとなる。
鎌倉宮の前を通り、路線バスなどの姿が多くなると一大観光地・鎌倉でも有名な鶴岡八幡宮
観光に来た訳ではないので、ササッと後にしますが…小町通りはやはり人がいっぱい。
平日でも鎌倉の街は混んでいますね。

JR横須賀線(JR湘南新宿ライン)鎌倉駅で普通列車グリーン券をSuicaで購入。
行きの通勤電車が嘘のように…まったりと帰路に就きます。
東京に近い小山を登るのもたまには気分転換になって良いですよね♪
登山初心者の方も安心して登れる、鎌倉アルプス(大平山・鎌倉天園)はいかがでしょうか?

撮影機材:SONY α6000 / SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC HSM
登山:平成28年12月(大平山 標高159m) 温泉:稲村ケ崎温泉(天然温泉)ほか


[PR]
<< 【房総】 千葉のマッターホルン... ページトップ 【上信国境】 浅間山外輪山を日... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon