山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【奥秩父】 ドライブついでにフラッと登山・奈良倉山
2016年 10月 18日 |
c0348297_13210802.jpg
山梨県大月市の“秀麗富嶽十二景”に選定されている奈良倉山(標高1349m)
なかなかの標高に交通アクセスも容易ではなさそうな位置、どう考えても大変な登山になる…
実際は足で登ったのは約30分。松姫峠駐車場(便所有)から簡単に登りました。

後輩と3人で山梨ドライブに向かい、JR大月駅前の吉田屋で吉田うどんを食べて松姫峠へ。
現在では松姫トンネルが完成し、富士急山梨バスの路線バスが小菅村方面へ運行されている。
今回、峠を通った時は完成間近な印象を受けましたが、まだ工事中で通行不可。
旧道は険しい峠道ですが、そんな松姫峠から富士山をバッチリ見てやろうじゃないか!




c0348297_13291917.jpg

後輩が買った新車に乗って、山梨ドライブ。中央自動車道を西進して山梨県大月市にやってきました。
まずはランチに私オススメの地元飯を食べに吉田うどんが食べられる吉田屋さんに入る。
高川山の記事でも紹介しましたが、本当にここの馬肉そばが好き(入笠山に登った後の入笠そばの馬肉そばも★)。
美味しくいただいた後は、小菅温泉に向かうために松姫峠へ向かいます。

登山を全くやらない後輩たちですが、今回はすぐに着くから…とプチ登山を計画。
松姫峠駐車場から約30分の道のりで到達できる奈良倉山(標高1349m)の山頂を目指します。

c0348297_13375714.jpg

国道139号線の旧道を利用して、松姫峠(標高1250m)に入る。
松姫というのは、武田信玄の娘で織田信長勢から逃れるためにこの峠を越えたことから由来する。
途中で松姫トンネル(平成26年11月開通)が建設されており、今後はもっとアクセスが良くなる?
トンネル開通後は、富士急山梨バスが松姫バイパス経由で路線開業。
この国道139号線自体が法面工事のため大月側からの通行止め。再開時期は未定となっている。

山梨県大月市と山梨県北都留郡小菅村の境に位置する松姫峠
ここからアクセスできる奈良倉山は、他に鶴峠(JR上野原駅から路線バス有)から登山が可能。
どうせ鶴峠まで向かうのであれば、三頭山(標高1531m)に登ってみたい気もしますが…

c0348297_17085297.jpg

比較的整備された(山林管理用の車も通行できる)林道を歩いたり、登山道チックなものもある。
歩きやすい道が終始続いたが…後輩たちのバテ具合は。確かバスケやってるし、私より若いはずなのだが…
道標も出されており、迷うことはないでしょう。
松姫峠(回り道)奈良倉山といったように案内が出ておりました。

写真は斜度があるように見えますが、ここだけです。
ここを越えると山頂広場(展望無)に到着、ここまでは登山道を通りましたが落葉に注意。
霜柱が立っており、気温は寒かったのでしょうか。私は暑かったです。

c0348297_17085103.jpg

12時33分に松姫峠駐車場を出発、13時06分に奈良倉山(標高1349m)に到着。
前述の通り、あまり広くはない山頂広場は木々に覆われており展望は全くありません。
富士山天望所と書かれた場所が隣接しており、そこからは富士山の部分だけ展望が広がっております。

秀麗富嶽十二景とは言いますが、やはり観光需要創出のために作った場所。
高川山の時も感じましたが、狭い山頂広場に富士山側の木々を切り開いて作ったもの。

c0348297_13210802.jpg

これだけ簡単にアクセスできてしまうと鶴峠から登山してくることがバカらしく思えてしまう。
この写真からも分かる通り、奈良倉山自体は山深い場所にあることは確か。
山梨県大月市・秀麗富嶽十二景の五番山頂、奈良倉山からの景色は雲は多いが最高でした♪

下山の道の写真は省略…迷うことはほぼ皆無だと思いますので、ケガをしないように下るだけ。
山頂滞在は約10分、約30分で下山完了。付き合ってくれた後輩2人には感謝。
私の山写真コレクションが増えて満足www

c0348297_17213383.jpg

下山後の入浴は御目当ての“多摩源流 小菅の湯”ということで、人生2回目の訪問。
鶴峠→奈良倉山→小菅の湯という登山コースもあるので、この天然温泉は非常にありがたい存在。
しかも泉質もかなり良く、世界的に珍しい高アルカリ性温泉。1分浸かれば肌がヌルヌルとしてきます。

実は東京都奥多摩地域から山梨県山梨市近辺までの温泉は、非常に似た泉質の温泉が多い。
西沢渓谷へ行った時に入浴した“山梨フルーツ温泉 ぷくぷく”乾徳山登山の際の“勝沼ぶどうの丘 天空の湯”
プレートの割れ目から湧き出る本格的な裂罅(れっか)系温泉として、入浴する価値は高い。

奥多摩湖付近から下道で東東京を目指します。渋滞が始まり時間はかかりましたが、楽しいドライブ。
そして奈良倉山にサクッと行けたことは非常に嬉しい1日でした★★★

撮影機材:SONY α NEX-7 / E18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成25年12月(奈良倉山 標高1349m) 温泉:多摩源流 小菅の湯(小菅温泉)ほか


[PR]
by meguro2014 | 2016-10-18 13:34 | 奥秩父 |
<< 【筑波】 異例の7月登山は筑波山 ページトップ 【御坂】 気軽なミニ縦走・秀麗... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon