山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【御坂】 気軽なミニ縦走・秀麗富嶽十二景の高川山
2016年 10月 10日 |
c0348297_20423532.jpg

平成25年のシーズン初め、東京都の鷹ノ巣山(標高1737m)で打ちのめされた私。
山が嫌いになっては困るので、少し軽めの登山で爽快感が味わえる山をチョイスしたつもりだ。
今回はJR中央本線初狩駅から気軽に登れる高川山
標高は976mとお気楽な登山、実は山頂に名物犬がいた山として知られる。

彼の名はビッキー。平成13年頃から山頂にいる半野生となった犬だ。
元々飼われていた犬と言われているが、保健所が保護に向かうも失敗。
人に危害を加えないおとなしい犬ということで、テレビ番組でも採りあげられる有名犬だ。
残念ながら平成22年秋に山頂下の岩の上で亡くなっているのが発見され、登山口の自徳寺の墓で眠る。
彼の慰霊登山?と富士山を眺める登山に向かってみようと思う。





c0348297_20545890.jpg

初電車で家を出て、JR中央本線初狩駅に到着したのは午前7時30分前。
大月駅管理の業務委託駅で簡易Suica改札機があったので、交通系ICカードの利用が可能。
JR東日本の合理化が進み、駅の委託駅化・無人駅化が進む。特に鳥沢駅はひと悶着あった。
この辺りの駅は登山客で賑わう駅であることは言うまでもないが、無人化と同時にトイレが使用不可に。
実際に色々なWEBサイト(外部リンク)で紹介されていますが、利用側のマナーの問題もあるのか。
登山を観光客誘致の思惑がある大月市と共に協力して解決してもらいたいものです。

JR中央本線初狩駅を出て、進路は南側(改札と逆方向)に取ります。
線路をくぐって南側に出ると冒頭で紹介したビッキーの眠る自徳寺の大きな銀杏の木が…
墓地をウロウロするのも不審に思われると思うので、先へ進むとします。
登山道に入ると登山者用と簡易トイレが設置されていました。地図には記載あるのかな???

c0348297_21092994.jpg

登山道は痩せた山肌に茂る雑木林といった感じ。木の根がむき出しの斜面などがあります。
途中で男坂女坂に分かれる部分がありますが…ここは迷わずに男坂を突き進む。
言うまでもないが男坂の方が傾斜がキツいことが一般的。その分、距離も短縮される事が期待される。
天候は非常に良いのだが、斜面ということもあり薄暗い男坂をひたすら登っていきます。

(私のぺースで)約20分で男坂と女坂は合流しました。
そして合流地点から約15分ほどで山頂に到着してしまうという超お手軽登山。
今回は高川山ミニ縦走の紹介なので、この先も色々ありますよ!

c0348297_21152801.jpg

男坂・女坂合流地点でチラッと姿を見せる富士山も山頂から見ると非常に爽快。
それは冒頭に掲載した写真からもお分かりいただけると思いますが…展望は富士山側がオススメ。
秀麗富嶽十二景の第11番山頂となる高川山(標高976m)

今までにも秀麗富嶽十二景は多く紹介していますが…
私が登った山は、滝子山笹子雁ヶ腹摺山奈良倉山岩殿山高川山本社ヶ丸清八山
扇山牛奥ノ雁ヶ腹摺山も挑戦したいと思っていますので、平成28年も頑張りますかね!

c0348297_21312088.jpg

高川山から田野倉駅禾生駅(富士急行線)へ向かわずにJR中央本線大月駅へ直接向かいます。
足元を見ると木の実が豊富。そして途中でサルの群れが私の周りを猛ダッシュで下りて行ったり…
熊の新しい糞?みたいなのが登山道に落ちていたりしましたけど、少しおっかないですね。
コウヤボウキの花があったのですが、そこに見つけた蝶が渡蝶でもあるアサギマダラの姿。

キノコも時期的なものでしょうか、非常に多くの種類を見ることができ…
写真では紹介できないぐらいです(容量節約のため、1記事10枚程度の写真で収めているため)

c0348297_21510562.jpg

こんな写真を撮りながら平日の天気の良い秋、少しマイナーな登山道を歩いていきます。
高川山から尾曽後峠峯山(標高584m)を経て、むすび山(標高463m)を通過して大月駅まで。
あまりアップダウンはありませんが、全行程は10キロ弱というロング登山。
歩き応えはあります。時間が遅くなるにつれて日差しが強く気温が上がるため辛い…

峯山にあった案内では、高川山まで約150分、むすび山まで約60分。
初狩駅-高川山-尾曽後峠(天神峠)-峯山-むすび山-大月駅のタイムは、約240分弱でした。
※大月駅に帰る前に吉田うどんを食したため、正確なタイムは分かりません。

c0348297_22014314.jpg

すっかり気温が上がり、暑がりな私にとっては非常に過酷な環境となってしまいました。
大月防空監視哨跡むすび山(標高463m)付近でも富士山のシルエットはハッキリと見えました。
聴音壕は第2次世界大戦時(昭和18年頃)に使用され、音から機種や方向などを聞き取り監視隊本部に伝えた。
昭和19年にサイパン島を占領されると、そこから飛び立つB29米爆撃機は富士山を目標にし各地へ散る。
そこでこの大月の監視哨は重要な役割をになっていたのだ。

ここを越えると大月市街地に入るのだが、案内には“おむすび山展望台登山口(旧陸軍防空監視所跡)”
“お”が付くだけでとても美味しそうな場所になってしまうと感じるのは、私だけだろうか。

c0348297_22143866.jpg

大月市街地を歩いているとむすび山から見えていた岩殿山を前に見ながら進むことになる。
この辺の山も結構登ったなぁ、と思いながらお気に入りの吉田うどんのお店に入ることとする。
この日の楽しみでもあった大月駅北側にある吉田屋馬肉そば(吉田うどん)をいただく。

シコシコした麺に甘辛い馬肉。それにコッテリし過ぎないように茹でキャベツがまた絶妙。
奈良倉山の時にも行っていますし、本当に大月駅近辺では大好きな飲食店。

c0348297_22245537.jpg

JR中央本線大月駅には北口がないため、駅西側の跨線橋を利用して駅改札口のある南口へ戻る。
本当に秋晴れという言葉がピッタリな日。時間は午前11時30分頃。
午前中でサックリと登山を終えて、ランチを食べて特急列車に乗車して都心方面へ帰ります。

日中はJR中央線特急かいじ号が1時間に1本、それ以外は特急あずさ号スーパーあずさ号も停車。
特急かいじ号であれば、自由席特急券を購入して乗ってもプチ贅沢ぐらいで済みますね。
朝も早かったですし、爆睡しながら新宿駅へ向かってくれるところが嬉しい。

c0348297_22245575.jpg

富士山が世界遺産に認定された年でしたか?ヘッドマークが付いていますね。
JRから移籍した元205系電車が富士急行に来て間もないのでしょうか、しっかり撮影してました。
富士急行6000系電車として大月駅~富士山駅~河口湖駅を結んでいます。

また水戸岡デザインのおもちゃみたいな電車が増えましたね。
最近では伊豆急行も観光列車を導入するとのことで、現在改造工事中…水戸岡デザイン(笑)
気軽にミニ縦走を楽しめた、山梨県大月市の高川山を紹介しました★

撮影機材:FUJIFILM FinePix F900EXR / SONY α6000 / E18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成25年10月(高川山 標高976m) 温泉:総合福祉センター 公共浴場(外部リンク)など


[PR]
by meguro2014 | 2016-10-10 22:38 | 富士・御坂 |
<< 【奥秩父】 ドライブついでにフ... ページトップ 【奥多摩】 静かな奥高尾縦走路... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon