山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【奥多摩】 快晴の奥高尾で富士山を眺めながら歩く!
2016年 03月 07日 |
c0348297_22184540.jpg

早朝出発でJR中央本線高尾駅に降り立つ。駅前のファミマが潰れていて向かいのセブンで買い物。
JR高尾駅北口の狭いバス乗り場には、転回台があって乗り場には多くのバスが乗り入れている。
そんな中で私たちの乗るバスは、小仏行の京王バス。
待っているとピンク色の奇抜なバスがやってきた…高尾山アピールが半端ない!
車内に入ってみると未だに“迎春”だの正月気分な広告だらけでビックリしましたが…

今回は、小仏バス停から小仏峠小仏城山を経由して高尾山京王線高尾山口駅まで歩きたいと思う。
時間にすれば午前中で下山出来てしまうような余裕コースだが、複数回歩いている場所。
京王高尾山口駅→小仏バス停陣馬高原下バス停→小仏バス停陣馬高原下バス停→高尾山口駅もどうぞ♪





c0348297_22184522.jpg

京王バス小仏バス停から小仏峠からは、このコースの中では一番標高を上げる区間である。
とは言え、数々の山を登ってきているので…本当に初心者コースとも言える登りではないでしょうか?
小仏バス停から小仏城山までの標高差は約370m、小仏峠までは約250m。
小仏峠でタヌキ君たちと挨拶をしたら、まもなく小仏城山…と言ってしまっても良いでしょう♪

陣馬高原下バス停から陣馬山までの標高差は約500mぐらいあるので…
不安な方は奥高尾縦走路を半分に区切って、小仏バス停から登ってみると良いと思います☆
小仏バス停から小仏城山&高尾山方面・景信山&陣馬山方面に登れます。

c0348297_22184539.jpg

小仏峠から少し登ると間もなく富士山と相模湖の姿が目の前に広がってきます。
この場所は3回目の通過になりますが、時間帯も早いせいか一番キレイに富士山が見えました☆
小仏城山一丁平展望台高尾山ほどの広角な展望ではありませんが、美しい。
単なる通過点ですが、美しい写真が撮れましたので写真を紹介しました(ベンチ設置有)。

関東ふれあいの道2番「鳥のみち」東海自然歩道に指定されている区間のため登山道整備状態が良い。
子連れでも安心してハイキングが出来る道。ただし長距離は向きませんね。
そう言った意味では、私が2回も紹介しているこの区間は非常にオススメです☆(前回記事)

c0348297_22184595.jpg

小仏城山(標高670m)に到着し、城山茶屋前で以前にも出会っている猫たちを探す。
相変わらず仲良しで登山者から餌をもらっているのか、ブクブクと太っていますね。
個人的には手前の猫に隠れているワイルドな顔をした方の猫がタイプですwww
前回、奥高尾縦走路を完走したクリスマス登山の際に素晴らしいショットをくれたイケメン猫くん。

小仏バス停から小仏峠を経由して小仏城山に向かう区間は、霜柱がいたるところにあった。
今日は天候も良く、日当たりも抜群なので山頂広場は霜柱が解け始めて泥濘になっている箇所もある。
昼ごはんにはまだ早いので、撮影が終わったら高尾山に向けて出発!

c0348297_22184495.jpg
小仏城山高尾山の中間に位置する一丁平前回も曇りながらも富士山の姿を紹介しました。
今回は雲ひとつない晴天、そして南アルプスの山々まで見渡せる素晴らしい景色。
一丁平展望台からは、大山丹沢山蛭ヶ岳本社ヶ丸滝子山などが見渡せました。
まだまだ登った山の方が少ないですが、過去に登った山を見渡すのもまた一興。
個人的には一際目立つ大室山(富士山の左側の高い山で標高は1587m)に登りたい気分になったが…
交通アクセスが悪い北丹沢の山と聞くと行く気が失せますね。西丹沢から道志に抜けるのか。

前回もお話しした通り、高尾山から一丁平付近は山桜の名所としても名高い。
これから新緑のシーズンを迎える。登山者も増えるが山桜もぜひ見てみたいものである。
ちなみにまだ冬シーズンの今でも…アクセスの良さから非常に登山者が多い。
c0348297_22184080.jpg
高尾山に近づくと登山道の改良工事が実施されていた。前回よりも歩きやすい登山道。
こういった人たちには感謝すると同時に東京都の金持ち加減にはひたすらビックリする限りである。
高尾山への最後の登りの前に5号路を迂回して稲荷山コースと合流してから山頂を目指す。
絶景の富士山が見える高尾山(標高599m)に到着☆
山頂到着時には比較的人が少ないかな?と思いましたが、見る見る人は増えていきます。
ここまで来ると観光客と入り乱れるので単純に登山者だけとは限りません。

高尾山はミシュランガイドで三つ星認定された観光地。海外の方もたくさん訪れます。
登山者数は世界最多で年間260万人を悠に超えています。
山頂付近の開発も相当進んでおり、売店に自動販売機、公衆トイレと事欠きません。
c0348297_22184016.jpg
前回工事中だった高尾山ビジターセンター。山頂にこんな構造物が建築された。
この工事の関係で明治の森高尾国定公園と明記された構造物が山頂広場の真ん中に移動された。
幼稚園児の遠足だったり、海外旅行者の観光だったり…デートだったり入り乱れていますw

今回はここで早めのランチにしまして…下山後に温泉に向かうこととします。
下山は稲荷山コースを選択。積雪による倒木の影響で6号路が通行止め(平成28年03月現在)
下山の最短経路となる稲荷山コースを黙々と下山することになりました☆
c0348297_22184037.jpg
前回記事はコンデジでブレブレの写真でしたが、今回はキレイに撮れました…稲荷山コース登山口
12時を越えましたが、今回も稲荷山の山頂を確認できずに通過してしまった。
歩行距離3.6キロで所要時間は約90分、一番山道らしい尾根を登る登山道。
どうやら都心方面を眺められる東屋と展望台のある場所が稲荷山(標高396m)の山頂となるようですね。
東屋付近も山頂の表記があるのでは?と探したのですが、そのようなものは見当たりませんでした。

稲荷山コースを降りると高尾登山電鉄ケーブルカー清滝駅の脇となりますが…
今回立ち寄る温泉は、高尾付近ではなく京王線で移動した先にある天然温泉を目指します。
※自然研究路6号路の通行止めは3月7日解除。詳しくは高尾山ビジターセンターホームページへ!
c0348297_22184064.jpg
京王電鉄高尾線高尾山口駅は、平成27年04月24日に駅舎及び交通広場が新しくなった。
遅れること同年10月27日には、駅舎併設の京王高尾山温泉・極楽湯がオープン…これが入口である。
本当に“寄って行けよ!”と言わんばかりの場所に位置しますが、華麗にスルーさせていただく。
私が向かったのは京王電鉄京王線千歳烏山駅から路線バス(無料送迎バス有)に乗って行った天然温泉。
THE SPA 成城の湯でゆっくりと過ごして、小田急電鉄小田原線千歳船橋駅付近で夕飯を食べて帰宅。

最近、京王さんを利用することが多いので…温泉施設までは許してくださいwww
記事冒頭のピンク色のバスは、この京王高尾山温泉の宣伝でもあった訳ですね…ここで気付く。

撮影機材:SONY α6000 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成28年03月(小仏城山 標高670m) 温泉:京王高尾山温泉ほか


[PR]
by meguro2014 | 2016-03-07 23:25 | 奥多摩 |
<< 【甲信越】 スノーシューを履い... ページトップ 【丹沢】 鍋焼きうどんを求めて... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon