山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【筑波】 2016年あけましておめでとうございます(前編)
2016年 01月 03日 |
c0348297_19072816.jpg

月日が経つのは早いもので、もう新しい年を迎えてしまいました…
新年あけましておめでとうございます。今年も当登山ブログをよろしくお願いいたします。
久々のリアルタイム投稿、実は年末にもネタが1つ。そして書きかけのまま年を越したものも1つ。
今回はアラセブンwwwとなる母親と一緒に筑波山神社まで初詣に行ってまいりました。
もちろん、そんな普段から運動しない母親を無理させず…鋼索線を利用しての移動となります。

筑波山日本百名山の中でも1000m以下の珍しい山。東京方面からのアクセスも格段に向上。
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線の事についても、前回の筑波山記事で紹介しましたので参考に…
今回の記事は登山記事と言うよりは山紹介となりますので、予めご了承ください☆





c0348297_19072812.jpg

つくばエクスプレス線つくば駅から、正月ダイヤで運転されている関東鉄道バスの筑波山直行便を利用する。
おおよそ30分に1本運転されているが、季節及び平日・土休日で運行本数が異なります。
前回記事でも書きましたが…あらかじめ運転本数等を確認の上、お出掛け下さい(特に復路最終便に注意)
筑波研究学園都市の街を抜けると田園風景が広がり、車窓には筑波山の雄大な姿が現れる。
筑波山の登山記事はまだ書いていないものが1つ、そして筑波連山縦走の記事もまだ書いていない。
そのうち…ぜひ紹介したいストーリーのひとつである。

路線バスは筑波山神社入口停留所まで約40分、つつじヶ丘停留所までは約50分。
正月期間はマイカーで非常に混雑するため、沼田停留所を越えた付近から長い渋滞に入ってしまう。
立ち客もおりバス車両も古く運転手の腕も関係して…非常に辛い思いをされた方もいるだろう。
仕方無い、繁忙期の筑波山。覚悟で向かう必要はもちろんあると思います。

c0348297_19072810.jpg

筑波山神社付近の市営駐車場は満車が続き、入庫待ちの車で渋滞が発生している。
長い乗車の末、計画変更して筑波山神社入口停留所で下車、筑波山神社拝殿を通過して奥へ向かう。
道の混雑の割りには筑波山神社はゴミゴミの混雑ではない。人は多いが、ゆっくりと参拝できるレベル。
それは正月3日の訪問だったからに違いない。元旦などの状況は計り知れない…

今回は鋼索線(ケーブルカー・ロープウェイ)を利用して山頂方面へアクセスするため通過。
せっかく向かうので拝殿より本殿に初詣した方が良いだろう。筑波山神社脇からケーブルカーが出ている。

c0348297_19072735.jpg

筑波観光鉄道(ケーブルカー)宮脇駅付近には、まだ蝋梅(ロウバイ)が咲いていた。
都心部では既に咲いて花が落ちている姿を見たのだが、ここの蝋梅は開花が遅いのだろうか…
冬の山は生物の営みに触れることが少ないので、少しテンションが上がる。
2月・3月になれば筑波山では梅林が見頃を迎え、福寿草なども楽しめるものだが。

筑波山はみかんの北限地ともされており、斜面温暖帯のお陰でみかん栽培が可能となっている。
山麓よりも中腹の標高200m前後は山麓よりも気温が3℃~4℃高い斜面温暖帯が筑波山には存在。
梅も多少開花している個体もあり、比較的温暖な山でもある。

c0348297_19072311.jpg
筑波山登山では利用した事の無い、筑波観光鉄道筑波山鋼索鉄道線(ケーブルカー)宮脇駅
臨時ダイヤでの運行で、この日は20分間隔で運転。1台に107名(乗務員含む)乗車が可能。
1時間で約650名を輸送する能力を持っている(参考外部リンク:筑波観光鉄道ホームページ)。

運良く待ち時間無しで乗車が可能、そして着席する事も可能でした。
発車時間までは少しあったため、たちまち立ち客も発生しましたが、繁忙期にしては少なめでしょうか。
標高305mから標高800mまで約8分間で筑波山を駆け上がります。
c0348297_19072254.jpg
筑波観光鉄道筑波山鋼索鉄道線筑波山頂駅。思ったよりは人が少なくてビックリしました。
奥のコマ展望台を含む売店・レストランはケーブルカー直営のもの。
筑波山は観光目的でも手軽に楽しめる山、登山としてもそこそこ楽しめるので私も複数回来ている。
既にランチタイムだが男体山を攻めてから昼食を摂ることにして…まずは男体山をクリア!
c0348297_19072341.jpg
標高871mの男体山山頂。山頂には男体山本殿が鎮座し、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祀る。
男体山本殿前より東京方面を望むことが出来るが、時間帯が遅い事もあり霞んでいる。
それにしても1月にしては珍しく暖かく薄着で済んでしまう…2月の反動が怖いところでもある。
筑波山神社男体山本殿で初詣を済ませたら、下山して御幸ヶ原へ戻る。

男体山へのアクセスは比較的近距離ではあるが、岩の斜面や細い階段が存在する。
初詣客と登山客が入り乱れている期間ではあるが、周りの方に対しての配慮をお願いしたいところだ。
この期間は登山客だけでなく、参拝目的の人も多いので家族連れや子供・高齢者が多数いる。
山慣れしている、山装備をしている登山利用(又は参拝を兼ねる)客は十分に注意するべきである。
※さすがにこの期間は若い登山者は少なく、目につくのは高齢登山者だった。
c0348297_19072252.jpg
御幸ヶ原まで戻ったら、コマ展望台2階のレストランでいつものメニューを頂くことにする。
つくば軍鶏親子丼(960円)だが、気のせいだか“つくば地鶏親子丼”になっていた気もする。
もちろん利用者は多めだが、空席は多く窓側の席に着席することが出来た。
ゆっくりランチして、アラセブンwwwの母親にも女体山山頂までの道を歩いてもらいたい。

筑波山登山に関しては、前回記事を参考にしていただき…今回は観光主体で紹介しております。
前回記事は、登りがおたつ石登山道、下山が御幸ヶ原登山道を利用している。
登り甲斐のある白雲橋登山道の紹介は、また時間が出来ましたら記事にしたいと思っております。
昼食を終えたら、筑波山最高峰・女体山山頂を目指して登ります!

~~ 【筑波】 2016年あけましておめでとうございます(後編) ~~

撮影機材: SONY α6000 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成28年01月(筑波山 標高877m) 温泉:筑波山温泉 つくばの湯ほか

[PR]
<< 【筑波】 2016年あけまして... ページトップ 【奥武蔵】 埼玉の手軽な山歩き... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon