山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【筑波】 鈍った身体に冬の訓練登山は筑波山!
2014年 12月 13日 |
c0348297_00493207.jpg

平成17年8月に開業した首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線も開業10周年。
ホームドア完備で踏切の無い高規格路線は、最高時速130キロで秋葉原駅とつくば駅の間を最短45分で結ぶ。
沿線開発事業と一体化で建設された第三セクター鉄道は、黒字営業に切り替わり順調な経営である。
筑波研究学園都市と首都東京を結ぶ路線だが、唯一の観光輸送地として筑波山がある。

最近は登山の回数もめっきり減っているが、行く気が無い訳ではなく天候と機会に恵まれないだけである。
今回は年内に何が何でも行こうと…天気予報は良くなかったが、訓練登山覚悟で茨城県つくば市に向かった…
平日朝のつくばエクスプレス線でTXつくば駅へ一直線である。





c0348297_00493168.jpg

天候に関しては全く望みが無い訳ではなかった。雨予報だったのが茨城県南部のみ晴れマークも。
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線つくば駅に到着、路線バスの時間まで時間があるのでミスドへ…
10時00分につくばセンター発の筑波山シャトル(関東鉄道バス)に乗ろうと考えていた。

同便に乗車する親子の母親が「9時30分の便が時間前に出たのか乗れなかった」と運転手に苦情。
おいおい、9時30分の便なんて元々無いから。運転手は会社に報告しておくと当該旅客に伝えていたが…
12月~2月の平日運行(閑散期)は、路線バスの運転本数が極端に少なくなっています。
【参考】外部リンク:関東鉄道バス筑波観光鉄道(ケーブルカー・ロープウェイ)

まだ平地のバスであれば困るで済みますが、時刻表を調べないととんでもない事態に繋がる事もあります。
※筑波山ではロープウェイ・ケーブルカーの最終便の時間を知らずに山頂に取り残される人も多くいます。
文句を言う前に確認を怠らないよう気を付けて下さい。全て自身の行動は自己責任。

c0348297_18092465.jpg

筑波山シャトルで到着したつつじヶ丘。筑波山京成ホテルと何やら胡散臭いアトラクション?がお出迎え。
筑波山登山道のおたつ石コース登山口は、この写真左側から続いております。
昨年冬は白雲橋コースから登り御幸ヶ原コースで下山、今回はおたつ石コースから女体山山頂を目指す。
コース序盤は階段がずっと続いて白雲橋コースとの合流地点の弁慶茶屋跡に向かう。

c0348297_18073577.jpg

軽い準備運動を兼ねておたつ石コースをこなすと弁慶茶屋跡に到着。思ったよりも近かった。
白雲橋コースを昨年経験した私には1キロ近く距離が短縮される登山道は非常に短く感じました。
弁慶茶屋跡には何もありませんが、休憩所を兼ねたベンチと聖天神社の小さな祠がある。

木々の間からつつじヶ丘方面を望むことが出来るが、距離が短い割りには非常に高度感を味わえる。
ちょうど筑波山ロープウェイ(筑波観光鉄道)のゴンドラが横切り、遠くに霞ヶ浦と鹿島灘(太平洋)も見える。
関東平野からは単独峰のように見える筑波山も実は筑波山塊、広くは八溝山地に属する山地の最南端となる。
八溝山地は八溝山(標高1022m)を最高峰とし、福島県白河市南部まで続くものだ。

c0348297_18073644.jpg

弁慶茶屋跡を先へ行くとすぐに弁慶七戻り。今にも落ちてきそうな岩にも屈さず先へ進む。
筑波山の奇岩めぐりが出来るコースであるが、この紹介は昨年の筑波山登山の記事で紹介しよう。
次第に岩が多くなる。そして女体山山頂の姿を前に見ながら登ることとなる。

c0348297_18361841.jpg

直立不動の北斗石。天空に輝く北斗七星のように決して動かない事から命名されたそうです。
昨年、色々見て回ったので今年はサラッと流す感じで先を急ぎます。
天気は相変わらず、元々雨予報だったものが晴れマークがついたので登山を決行しましたが…
あまり期待はしていなかったので雨が降らないだけヨシ、と言う事にしておきましょう!
女体山山頂付近は岩場となる。筑波山は隆起した花崗岩で形成された山。山頂付近は斑レイ岩です。

c0348297_18361873.jpg

双耳峰の筑波山最高峰女体山(標高877m)に到着。非常に見晴しは良いですが…
昨年は中国からの黄砂で霞み、今年は単純に曇りでガスっています。訓練登山なのでいいですが。
登山口のあったつつじヶ丘、左側は石岡市八郷町の平地や富士山(標高152m)が見えます。
これらは筑波山と共に隆起した花崗岩が風雨で侵食し、平地に取り残された残丘(ざんきゅう)なのだろうか。
筑波山も比較的侵食され易い石灰岩の中から堅牢な花崗岩が残って小高い丘となった堅牢残丘と呼ばれる。

富士山も微妙に見えず…霞む景色をひと通り眺めたら、双耳峰のもう一方である男体山(標高871m)へ。
男体山山頂付近の写真は、高齢登山者の集団が山頂付近を占拠していたので省略して昨年の記事で紹介しよう。

c0348297_18584955.jpg

御幸ヶ原に戻って昼食タイムになります。コマ展望台(筑波観光鉄道直営)つくば軍鶏親子丼(960円)
茨城県では奥久慈軍鶏などが地鶏ブランドとして確立しており、こちらは奥久慈の物には該当しない。
他にも土産物屋・茶屋が多くあり、観光地なので食事には不自由しない。
ケーブルカーで登り下りする人もいるが、この日は天候が良くない平日なので閑散としていた。

下山は前回と同様に御幸ヶ原コース筑波山神社方面に向かう。
非常によく整備されており、地震や大雨で地盤が緩んだ斜面・登山道部分以外は比較的歩きやすい。
途中でケーブルカーの隧道上を歩き、その後はケーブルカーと並走するように登山道が続く。
歩きやすいとは言え、スニーカー以上の靴で来るように最低限の心掛けは欲しいものだ。

c0348297_18584812.jpg

筑波山ケーブルカー宮脇駅脇に下山し、まもなく筑波山神社拝殿前を通過する事となる。
閑散期の路線バスの本数も少ないので、筑波山神社入口停留所の通過予定時刻に合わせて神社を出る。

筑波山神社は筑波山を神体山として祀る神社なので拝殿以上の山域は全て境内に属する。
本殿は登山で立ち寄った、筑波女大神(女体山)筑波男大神(男体山)各山頂にそれぞれ鎮座。
登山道は筑波山神社の参道(歩道)として考えられており、その参道であるつくば道は門前町まで続く。
平成26年3月には筑波連山縦走にチャレンジしたが、深峰遊歩道と御幸ヶ原登山道が縦走路に属する。

c0348297_19311404.jpg

筑波山神社入口停留所付近から霞む東京スカイツリーを眺めつつ…約20分ほど路線バスを待つ。
筑波山は首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線が開業してアクセスが格段に向上した山。
ただし前段でもお話しした通り、最終便を逃すと手軽な登山が非常に厳しい状況に変わる事もあります。
最終便を逃すと筑波山口バスターミナル(旧筑波鉄道筑波線筑波駅)まで公共交通機関はない。
事前に確認の上、登山を楽しんでいただきたい。

つくばバスセンター(TXつくば駅)隣接のつくばクレオスクエアに茨城県最大級のアウトドア専門店群が!
帰りの時間に余裕があったら立ち寄りたい、コロンビア・モンベルなどの専門店が集まっています。

c0348297_19311460.jpg

撮影機材:SONY α6000 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成26年12月(筑波山 標高877m) 温泉:筑波山温泉 つくば湯ほか


[PR]
<< 【奥多摩】 クリスマス登山☆奥... ページトップ 【奥多摩】 紅葉のトンネルを抜... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon