山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【奥秩父】 晩秋の西沢渓谷で森林セラピー(後編)
2014年 11月 25日 |
c0348297_15474271.jpg

~~ 【奥秩父】 晩秋の西沢渓谷で森林セラピー(前編) ~~
~~ 【奥秩父】 晩秋の西沢渓谷で森林セラピー(中編) ~~


西沢渓谷終点旧森林軌道出合に到着。休憩所があり公衆トイレも設置されている。
材木等を運んでいた西沢森林軌道は黒金山方面へ伸びていた。トロッコ道だったことが良く分かる。
公共交通機関を使った登山は、西沢渓谷経由が黒金山への最短到達ルートとなり約4時間。
マイカー登山は国道140号線青笹付近からの林道開設により、2時間弱での登頂が可能になったようだ。
※ただし、冬季林道閉鎖のため注意。公共交通機関を利用した登山をお願いします。





c0348297_15474250.jpg

昨秋の鷹ノ巣山で初めて使ったコンロも購入から1年以上経ち、間もなくガスが切れようとしてます。
山で食べるご飯は美味しいですね、そして温かい物を食べれる幸せはアウトドア用品の充実のお陰…
お金がかかっていますね、本当に山登りも避難小屋泊・テント泊以外は不便しなくなりました。

風もあり寒さも厳しいので1時間弱の休憩で西沢渓谷の残り半分を走破しようと思います。
ここから先はどうやら西沢森林軌道の跡地をずっと歩くようです。この軌道跡は広瀬まで続くとの事…

c0348297_15474206.jpg

埋もれたりたまに土砂流出で浮いているレールを見ながら歩きます。
特に危険な箇所はありません。丁寧に立派な橋が架けられて安全に崖崩れ区間も歩くことが出来ます。
この奥に見える山が前編でお話しした鶏冠山(とさかやま/標高2177m)です。
ニワトリのトサカのように山頂付近がギザギザしています…岩峰になっており、容易に登れないとか。
その右手にある雲で山頂が隠れた山が木賊山(とくさやま/標高2468m)という山。
西沢渓谷から徳ちゃん新道を通って甲武信ヶ岳に向かう途中で通過する山だが、かなりの高さの山だ。

どちらの山も奥秩父山塊の奥に位置し、なかなか登るには準備が必要な山だ。
主脈上の木賊山の奥は埼玉県秩父市、山界隈では5月・6月にシャクナゲが見ごろとなるようだ。

c0348297_15474275.jpg

旧西沢森林軌道は馬の力を使って黒金山方面へトロッコを運んでいたようです。
そんなトロッコでは事故もあったようで、この現場は『ひこいっちゃんころばし』と言うそうです。
彦一さんの操作ミスで馬と共に落ちてしまった現場。ただ死なずに負傷で済んだ事がスゴイ…

この先にも『いこりころばし』という地点があり、こちらも猪虎狸(いこり)さんが操作ミスで転落。
どちらも負傷で済んだようで何より…ころばしはこの2つしかありませんでしたwww

c0348297_15474285.jpg

西沢渓谷は健康的なハイキングコースですが、楽しげな看板が多く存在します。
特にこの近辺でキツネが出るのかどうか知りませんが、キツネの絵が多い。なんだ?この猫は…

旧森林軌道出合からの後半戦は、平坦で歩きやすい道がずっと続きます。
ただし崖からの落石や細い道の崩落には十分に注意。景色も前半戦ほど変わり映えは無く単調です。
ねとり橋分岐(公衆トイレ・登山届ポスト付近)に合流するまで旧森林軌道跡をひた歩きます。
逆に言えば足場は良い分、新緑や紅葉のシーズンは周囲を楽しめるかも?

c0348297_15474227.jpg

コースの途中には旧西沢森林軌道のトロッコが保存されています。
旧森林軌道を歩いて最後はねとり橋を渡って、ねとり橋分岐に到着。すると間もなく駐車場。
西沢渓谷に入った時にはニホンザルの群れに遭遇しましたが、結局は野生動物とその後は出会わず。
少し残念でしたが、雨がパラついてきたので足早に西沢渓谷入口駐車場を目指します。

c0348297_15474249.jpg

公共交通機関を利用する場合は、JR中央本線塩山駅まで山梨交通の路線バスが走っています。
路線バスの本数も限られていますので、詳細は山梨交通ホームページ(外部リンク)を参考にしてみて下さい。
平成26年4月現在、1日4往復の運転のようです。ただし平日の運行は特定日のみとなっているようです。

自家用車利用の場合は、西沢渓谷入口の無料駐車場に台数の限りがありますので注意して下さい。
下山後の温泉は、山梨県山梨市内に移動しまして…山梨フルーツ温泉ぷくぷくへ。

c0348297_15474210.jpg

山梨フルーツ温泉ぷくぷくは、山梨県笛吹川フルーツ公園の奥に位置しています。
以前にほったらかし温泉に入浴したことがありますが、こちらは施設が新しく食事処も充実。
新日本三大夜景と富士眺望6つの湯が自慢…ですが、天候が悪く富士山も見えません。

食事処隣接のテラスより撮影した新日本三大夜景。少しガスがかかっていますが…
泉質はアルカリ性単純温泉、りんごの浮かんだ露天風呂を堪能してやまなし味覚御膳をいただき帰宅する。
寒さが本格化する前に晩秋の森林セラピーを堪能したハイキングとなりました☆

撮影機材:SONY α6000 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成26年11月(西沢渓谷 標高1385m) 温泉:やまなしフルーツ温泉ぷくぷくほか


[PR]
by meguro2014 | 2014-11-25 17:08 | 奥秩父 |
<< 【房総】 関東で一番遅い紅葉を... ページトップ 【奥秩父】 晩秋の西沢渓谷で森... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon