山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【近畿】 六甲山の初越えは普段着ハイキング?(前編)
2014年 11月 18日 |
c0348297_20192846.jpg

兵庫県神戸市界隈で「市民がイノシシに噛まれてケガ!」といったニュース、たまにあります。
街中にイノシシが!?と思われる方も全国にはたくさんいらっしゃると思います。

しかし、テレビの前の皆さん!兵庫県神戸市や芦屋市などでは日常茶飯事なんですよ?
神戸で育った目黒武史ですが、小学校の下校前のホームルームでは先生から…

「神社近くでイノシシが出たから注意してね~」

なんて当たり前でした。ゴミ集積所を荒らすのも猫やカラスだけではなくイノシシも。
そんな私は、六甲山登山でイノシシを見ないと逆に心配に思えてしまうぐらい…
でもイノシシは野生の生き物ですからね、餌をあげたり刺激したりしないで下さいね!





c0348297_20192749.jpg

年に数回は神戸に帰る私ですが、平成20年7月の夏。少し突然過ぎる登山を決行しました。
前日に思いがけず鞍馬山を登山するハメになった訳ですが、この日は「六甲山を越えたい」と急に思い立つ。
大阪の宿を出て何も考えずに阪急電鉄神戸線芦屋川駅に降り立った…

芦屋と言えば、関西地方有数の高級住宅街。特に山芦屋町は豪邸が並び高級外車が目立つ。
私が利用していた最寄駅のひとつで土地勘はバッチリ。良い住環境の中で育ったと、自分でも思う。
週末の阪急電鉄神戸線芦屋川駅はハイカーでにぎわう。

今日は平日だが、山登りするようには見えない格好の2人が六甲山方面に歩みを進めた…

c0348297_20192730.jpg

まずは高座の滝を目指す。道に“高座の滝道”なんて愛称が付いていることを初めて知った。
魚採りや水遊びでお世話になった芦屋川を山側へ北上していく。夏の芦屋川は水量が少ない。
山芦屋町の住宅街を歩いていくが、道標もあり迷う事はないだろう…
舗装された住宅街の中の坂道を歩くが、やはり豪邸が多く左右をキョロキョロしていまいます。
振り返ると大阪湾が広がっており、知らぬ間に標高をどんどん上げているのである。

c0348297_22285454.jpg

住宅地が途切れて高座川沿いの森林の中を歩いて行くと高座の滝に到着。
舗装された道はここまで続いており、近所の方が犬の散歩に訪れるぐらい気軽に来れる。
滝乃茶屋など茶屋があり自動販売機があるため、ここが最後の飲料水の入手ポイントとなる。

芦屋川駅から北へ約2キロ、標高は200mほどの場所に位置する高座の滝
マイナスイオンを感じされる夏でも涼しいスポットであり、昔は修験場であった。
鎌倉時代初期には祭祀に利用され、滝の横には護摩堂。高さ10mで小ぶりだが画になる滝である。

c0348297_22285444.jpg

高座の滝を通過するとロッククライミングのメッカと言われる六甲山の芦屋ロックガーデンに。
登山道部分は小学生の時にもせっせと登っていた場所なので難易度は低いです。
安心して登れますが、しばらくするとこんなに山奥に来た感じに…浜芦屋が遠くに見えます。

六甲山こそが日本近代登山発祥の地。そして毎日登山に利用されており、登山者も多い。
須磨~宝塚を貫く六甲全山縦走路の他、多くの登山道が整備されており経験・時間に合わせてカスタム可能。
小学生の時の遠足では、魚屋道を横池まで行っており、その先の最高峰方面は未踏の地だった。

c0348297_22285666.jpg

岩場を越えると狭い登山道に突如現れたイノシシ君。
特に刺激をせずに何もしなければ特に事故に遭う事は少ない。向こうも人に慣れている。
ただ食料などを手に持つなどすると大変危険です…野生動物を侮ってはいけません。

六甲山のイノシシ君に挨拶も出来ましたし、連れはビックリしていましたが…
この先は、風吹岩→横池→雨ヶ峠→本庄橋跡→六甲山最高峰と進む予定。

c0348297_23225205.jpg

標高448m地点の風吹岩に到着。展望ポイントとなりかなり広角に見渡せます。
阪神淡路大震災により風吹岩は崩れ落ち、平坦な岩になってしまいましたが…
現在でも登山者に人気のランドマークとなっています。
山の天気は変わりやすいと言いますが、結構曇ってしまっていますね。

c0348297_23225234.jpg

風吹岩からさらに奥へ進むと程無くして横池(横ノ池)に到着。
この真下付近には全長約16キロにも及ぶJR山陽新幹線の六甲トンネルが貫いている。
横池には多くの生物が集まり、イノシシのほかモリアオガエルやオオイトトンボなど珍しい生物も。
休憩に最適な場所ですが、食事中のイノシシの出現には注意して下さい☆

以上は神戸市在住時代によく訪れた横池までの道でした。
魚屋道や芦屋ロックガーデンなど色んな道を経由して訪れることが出来ます。
ここ以降の未踏の地は後編でお伝えしようと思います。

~~【近畿】 六甲山の初越えは普段着ハイキング?(後編)~~

撮影機材:CASIO EXILIM ZOOM EX-Z1200
登山:平成20年07月(六甲山 標高931m) 温泉:有馬温泉湯あそびひろば 森温泉(銭湯)など


[PR]
by meguro2014 | 2014-11-18 20:32 | 近畿 |
<< 【近畿】 六甲山の初越えは普段... ページトップ 【近畿】 寺に行くつもりがプチ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon