人気ブログランキング |
山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
■ 【奥秩父】 紅葉の大菩薩嶺で富士山を恋う。
2014年 11月 09日 |
c0348297_02163563.jpg
今回は、標高2000m超の日本百名山・大菩薩嶺で富士山の姿を拝みに登ってみようと思います。
行きのJR中央線快速電車の車内で見た山梨地方の天候は晴れ、雲レーダーも良好なようで…
楽しみにしながら上日川峠を目指した私たちであった。

紅葉の上日川峠に到着。ロッヂ長兵衛の前ではハイカーたちが準備を整えていた。
市営駐車場も整っており、マイカー登山にも向いているが…
JR中央本線甲斐大和駅からの栄和交通の路線バスを利用していただきたい。
美しい木々に囲まれながら、気持ちが前に前に出て登山道に向かう。





c0348297_02163742.jpg

比較的、山小屋の多い道中だ。トイレの心配も比較的和らぐであろう。
ロッヂ長兵衛から始まり、福ちゃん荘富士見山荘勝縁荘介山荘と続く。
福ちゃん荘直前でマムシグサを見つけた。有毒だがトウモロコシのような実が特徴的だ。

福ちゃん荘は、標高1720m付近で唐松尾根分岐点に位置する。公衆トイレも有り。
平成14年9月に皇太子夫妻が大菩薩嶺を登山された際に休憩に利用した山小屋です。
c0348297_12162941.jpg
日本百名山で標高2057mと聞いてしまうと厳しい山なのか?と敬遠してしまう人もいるかも…
標高2000m超の大菩薩嶺ではあるが、上日川峠が既に1585m地点となる。
緩やかにハイキングを続けると青空と紅葉が実に美しい登山道であった。

林の中を抜けると間もなく介山荘に到着。大菩薩峠に位置しており、非常に展望の良い場所。
アッと言う間の到着にビックリしましたが、大菩薩嶺はハイキング感覚で楽しめる山みたいですね。
とは言え、2000m超の山ですので急な天候の変化等には十分に気を付けて楽しんで欲しいところです。
c0348297_17232385.jpg

大菩薩峠からの眺望は非常に良く、市街地方面の眺めや天気が良ければ富士山も見ることが出来ます。
何と言っても下の写真のように大菩薩峠から親不知ノ頭方面の風景もなかなか美しいです…
天気予報に反して若干雲が多めなのは残念な事ですが…また登りに来る理由が出来るのでヨシとします。

ここから、大菩薩峠→親不知ノ頭→賽の河原→神部岩→雷岩→大菩薩嶺山頂の順に巡ります。
帰路はこの時点で決めていませんが、丸川峠方面に下りて周回するか、唐松尾根を福ちゃん荘まで下るか…

c0348297_17232079.jpg

構図は変わりまして…親不知ノ頭から大菩薩峠方面を撮影してみました。
標高差があるようにも見えますが、数分でここまで登って来れたようにも思えます。
後輩クンが一生懸命登って来ていますね。とにかく絶景です。

広々とした賽の河原を通過し、神部岩で標高2000m地点を超えます。
標高2000mを越えるとアップダウンも少なくなり、横移動の感覚で山頂を目指します。

c0348297_18022616.jpg

「ここが山頂?」と疑問を投げかけたくなるような山頂。林の中にあり眺望はゼロでございます。
とりあえず、標高2057mの大菩薩嶺登頂の記念写真だけ撮影して眺望の良い場所へ移動します…
雷岩を越えた付近に広い眺望の良い場所があったので、そこを陣取り昼食タイムとします。
眺望が良い=遮るものが無い=強風にさらされ寒い。

c0348297_18022676.jpg

山梨県という事もあり、カップ麺も“吉田うどん”で決まりっ!
昼食を食べながら富士山が顔を出す瞬間をひたすら待ちます。風が強いので雲は流れています。
カップ麺を食べ終わり、食後のコーヒーを飲み…ひたすら待ちます。
雷岩周辺も富士山の姿を待ち望んでいる人が沢山いらっしゃいました。
どうか登山道を塞ぐようなことの無いよう、周囲に気を配りながらご飯タイムをしていただけると…

c0348297_18022628.jpg

この日は、これが限界でした。雷岩周辺で待ち望んだ富士山(の先っちょ)の姿。
中央付近に見えるのは、上日川ダム(大菩薩湖)で東京電力の揚水式水力発電用の人造湖。
結局2時間近く待ったので、このまま唐松尾根を福ちゃん荘までひたすら下ることにしました。

c0348297_18022689.jpg

陽の傾きかけた森林の中を下山します。
相変わらず暑過ぎず寒過ぎず心地良い天候の中、下山することが出来ました。
ロッヂ長兵衛で山バッジを購入し、温泉に浸かろうと大菩薩の湯を目指しました。
気が変わって大菩薩の湯直前で国道411号線を東京方面に車を走らせ、丹波山温泉のめこいの湯へ…
たどり着くと休館日だったため、小菅温泉(小菅の湯)を越えて瀬音の湯に向かう。

c0348297_18023032.jpg

東京都あきる野市にある、十里木・長岳温泉「秋川渓谷 瀬音の湯」に到着しました。
アルカリ性単純硫黄泉の湯は、入っているだけでヌルヌルします。天然の化粧水というヤツですね!
内湯は源泉掛け流しですが、露天風呂は循環式で塩素消毒のため塩素の匂いが鼻につきました。

紅葉の素敵な登山の締めくくりに温泉、最高でした!
次回はどこの山を紹介しましょうか、ストックは沢山ありますのでお楽しみに!

主な撮影機材:SONY α6000 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
登山:平成26年10月(大菩薩嶺 2057m) 温泉:十里木・長岳温泉(東京都あきる野市)


by meguro2014 | 2014-11-09 01:06 | 奥秩父 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : https://meguro2014.exblog.jp/tb/22999047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 【上越国境】 地獄か天国か…谷... ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon