山とカメラと私
meguro2014.exblog.jp
Top
2017年 04月 20日 |
c0348297_09163348.jpg

JR中央本線沿線は登山で多くの人が賑わうエリアである。
特に高尾駅から大月駅までの東京近郊区間にお手軽ハイキングが可能な山が集中する。
また大月駅から先、初狩駅・笹子駅も駅から登山が可能で、私も何回か利用している。
今回は笹子雁ヶ腹摺山に登山した以来、笹子トンネルより先の区間へ踏み出した。

JR中央本線勝沼ぶどう郷駅で下車した、棚横手山甲州高尾山を登山レポート。
棚横手山は幾度と山火事に見舞われた山域であり、直近では平成21年に90ヘクタールを焼く。
現在も植樹等で山肌の回復を図っているが、痛々しい姿を目にすることとなる。
それと同時に富士山の眺望が美しくなり、登山客が増加するというプラスの事態も引き起こす。
そんなかわいそうな山肌をした棚横手山に登ってきた。



■ 【奥秩父】山火事に見舞われた棚横手山の姿 続きを読む…
[PR]
2017年 04月 19日 |
年次別登山記録一覧

平成20年登山
鞍馬山(584m)
六甲山(931m)

平成21年登山
大和葛城山(959m)
梅ヶ瀬渓谷(大福山 292m)

平成22年登山
屋久島(小高塚岳 1501m)

平成24年登山
岩殿山(634m)
御岳山(929m)
大岳山(1266m)
本社ヶ丸(1631m)

※以降の登山記録は右サイドバーよりご覧ください。

[PR]
2017年 03月 30日 |
c0348297_11350558.jpg

暑がりな私は、登山シーズン初めは、梅雨前には終えて、始まるのが10月。
暑い夏場の季節…いや、暑がりにとっては6月から既に難しい。そして残暑の中の登山も無理。
平成25年10月に入り、遂に登山シーズンを開始した。

結果から言うと…いきなりそんなに厳しいところから登るんじゃない。
今回は奥多摩山域でも長大な山稜・石尾根の途中にある鷹ノ巣山(標高1737m)を目指す。
帰ってから知りましたが、登山に使った“稲村岩尾根”奥多摩三大急登に数えられる場所。
トップ写真にあるような特徴的な稲村岩がある尾根ですが、傾斜40度が続く道。
シーズン初めから飛ばした結果、次に登ったのは高川山(標高976m)とかなり控えめになりました。



■ 【奥多摩】初っ端からハイペースの鷹ノ巣山。 続きを読む…
[PR]
2017年 03月 24日 |
c0348297_15534838.jpg

~~ 【丹沢】 霊峰富士の姿を確かめに丹沢山地縦走(前編) ~~

山深い丹沢主稜を歩いた“リベンジ登山”とも言える、丹沢山地縦走登山。
1日目は西丹沢自然教室から檜洞丸を経由して蛭ヶ岳蛭ヶ岳山荘に1泊しました。
高齢ハイカーがお酒を飲んで騒いで、共用スペースでマナーも何もない行動に腹を立てつつも…
休息をしっかり取り、夜明けを迎えました。

2日目は、前回の登山と同じく…蛭ヶ岳鬼ヶ岩の頭不動ノ峰丹沢山塔ノ岳を経由して大倉へ。
1日目の丹沢主稜を離れて丹沢主脈を南下するルートをとり、塔ノ岳から大倉尾根を利用して下山。
リベンジ登山、果たしていかがでしょうか★(トップの写真でバレていますねwww)



■ 【丹沢】霊峰富士の姿を確かめに丹沢山地縦走(後編) 続きを読む…
[PR]
2017年 03月 14日 |
c0348297_07364071.jpg

“富士山を見ながらの稜線歩きは最高に気持ちいいぞ!”と先輩に誘われて登った丹沢山地
実際に平成25年3月に人生初の山小屋泊となる丹沢山地縦走登山を完遂した★
しかし内容としては厳しいもので2日目は霧と雨の中を耐えながら歩くものだった…
本当に富士山が見えるのか…と丹沢リベンジに向かうことに。

トップの写真は檜洞丸(ひのきぼらまる/標高1601m)から見えた富士山の姿。
今回もあやしいでしょうか、この写真。どんよりとした曇り空が見てわかると思います。
さて…2回目の丹沢山地縦走に出掛けましょう★★★



■ 【丹沢】霊峰富士の姿を確かめに丹沢山地縦走(前編) 続きを読む…
[PR]
2017年 02月 01日 |
c0348297_16212346.jpg

東京駅から出るJR東海道本線は、主に小田原駅・熱海駅行。
そんな東京近郊の駅で有名なところは、横浜・戸塚・大船・藤沢・平塚…次点でも大磯だろうか。
あまり目立たない二宮駅は、この時期多くの人が利用する観光スポットとなる。

駅のすぐ北側に吾妻山(あがつまやま)という標高136.2mの山がある。
山頂付近は公園になっており、最近ではテレビなどでもよく紹介されるのを目にする。
実は過去に何度も訪れたことのある、神奈川県中郡二宮町の『吾妻山公園』に再び訪れてみた。



■ 【湘南】お昼休みの菜の花ウォッチング! 続きを読む…
[PR]
2017年 01月 27日 |
c0348297_10225683.jpg

つい先週登ったばかりの千葉のマッターホルンこと伊予ヶ岳(標高336m)
お隣の富山(標高350m)と共に登って富士山も霞みながら見えたが、実は頂上に達していない。
そんなモヤモヤを抱えながら2017年をスタートさせてはいけない、と発起★

同じ電車、同じバス、同じルートで2週連続の伊予ヶ岳登山に挑むっ!
今回は単独登山。伊予ヶ岳からJR内房線岩井駅までの長い道のりを歩くのはうんざり。
そこで乗ったバスの折り返しに間に合うように下山する方向で…



■ 【房総】伊予ヶ岳完全制覇タイムアタック! 続きを読む…
[PR]
2017年 01月 14日 |
c0348297_11481953.jpg

~~ 【房総】千葉のマッターホルンへカメラ散歩(前編) ~~

千葉のマッターホルン“伊予ヶ岳”を制覇し、次に登った山は富山(とみさん)
この山は、江戸時代の戯作者曲亭馬琴(滝沢馬琴)の代表作・南総里見八犬伝に所縁がある。
話自体は架空のものだが伏姫の龍穴などがあり、立派な山門が建築されている。

登山自体は伊予ヶ岳方向から登ると容易だが、JR岩井駅方向から登ると長い階段だ。
伊予ヶ岳を下りてきた私たちは、房総名峰三山のひとつ『富山』へ向かう。



■ 【房総】千葉のマッターホルンへカメラ散歩(後編) 続きを読む…
[PR]
2017年 01月 13日 |
c0348297_13560156.jpg

最高峰の標高が47都道府県で一番低い千葉県。
そんな話を乾坤山(鋸山)の記事で紹介しましたが、今回は千葉県の山を登ります。
千葉の山は、今までに梅ヶ瀬渓谷乾坤山(鋸山)大福山(梅ヶ瀬渓谷)と紹介しました。
今回はそんな千葉県にある“千葉のマッターホルン”と呼ばれる伊予ヶ岳に挑戦★

どんな険しい山なんだ!標高は…3366m。間違えました、336.6m。
カメラ散歩と題して職場の先輩2人を連れて行きましたが、1名は険しさゆえ登頂断念。
どんな山なのかを紹介したいと思います。



■ 【房総】千葉のマッターホルンへカメラ散歩(前編) 続きを読む…
[PR]
2017年 01月 06日 |

c0348297_00142801.jpg

関東屈指の観光地としても有名な鎌倉
紅葉の時期ともなれば、ただでさえ混雑する観光地に人が押し寄せる。
そんな鎌倉は言わずと知れた幕府の設置された地。自然の要塞が幕府を守る。
起伏に富んだ地だが、そこにはいくつかのハイキングコースが形成されている。

今回は、建長寺大平山鎌倉天園鶴岡八幡宮をめぐるゴールデンコースを紹介。
近場の登山。低い標高。恵まれている交通アクセス。
そんな利点を活かしてJR横須賀線を挟んで反対側の源氏山にも訪れてみよう。



■ 【三浦】ゆったりと紅葉の鎌倉アルプス 続きを読む…
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon